医療のお仕事

人気が急上昇

男の人と女の人

最近医療や福祉系といった仕事が注目されています。よく耳にするのは看護師や介護福祉士などでしょうか。その中でも今話題の医療関係職をご紹介します。視能訓練士とは、眼科等で医師の指示のもとに働く医療技術者の事です。視力の検査や、眼圧検査等、様々な検査を行ってくれる方を言います。また、弱視の方や斜視の方への訓練や指導を行ったり、リハビリなどを行う事もあります。現在の視能訓練士の数は、わずか13000人程度しかいないと言われている職業です。視能訓練士になりたい方は、今がチャンスではないでしょうか。視能訓練士は国家資格です。年一回ある試験に合格するしかありません。また、受験資格についても定められています。まずは視能訓練養成所を卒業し、3年以上必要な知識や技術を習得しなければなりません。そして短大卒以上で、視能訓練養成所に修業して技術や知識を習得していきます。この内容からですと、一つは高校卒業後に直接視能訓練養成所に行く方法があります。二つ目に大学や専門学校に行き、その後視能訓練養成所に行くケースです。どちらかを選択し、ようやく受験資格を得る事が出来ます。また、外国でも視能訓練養成所などがあるようです。卒業すれば、受験資格が与えられます。就職先就職先については、眼科診療所に就職するケースが一番多いと言われています。大学病院などに就職する割合は1割程度と言われています。新卒者の場合ですと、大体6割程度の方が、眼科診療所に就職するようです。まだまだ視能訓練士は人数が少ないようです。今後一層の人材育成が期待されている医療の専門職となっていて、これからが楽しみなお仕事です。

養成学校内と現場とで

相談

視能訓練士は国家資格なので、取得には国家試験に合格することが必要不可欠となっています。そして国家試験では、養成学校で規定単位を取得することが受験の条件とされています。そのため視能訓練士を目指す人は、必然的に養成学校に入学することになります。養成学校には3年制の専門学校と4年制の大学とがあり、基本的にはどちらも学習内容は同じとなっています。国家試験は原則として筆記形式なので、そこで出題される解剖生理学や眼疾病学、視能矯正学などについて、テキストで学ぶのです。しかし視能訓練士として働くためには、知識だけでなく技術や患者とのコミュニケーション能力も必要となります。そのため養成学校では、それらを養うための学内実習と臨床実習も行われます。学内実習では、学生同士がお互いを患者と見立てて、視力検査や眼圧検査、眼球運動検査などを行います。養成学校内には必要な医療器具が一通り揃っていますし、講師も傍に控えているので、安全に実習を進めていくことができます。また臨床実習では、医療現場に赴き、視能訓練士の有資格者たちが行う検査や訓練指導をサポートします。そのため有資格者の技術や患者とのコミュニケーションの取り方を、目と体とで覚えていくことができます。こうして養成学校内と現場の両方で学習を終えると、国家試験を受験できるようになります。知識と技術の両方が身についているわけですから、合格した人のほとんどが卒業後にすぐに就職し、視能訓練士の即戦力として活躍しています。

就職率はほぼ確定

男性と女性

視能訓練士は国家資格の1つで、ここ最近知名度が高まり、取得しようと志す人が増えている資格です。視能訓練士になれば、その給与はおおよそ年収350万円前後から450万円ほどといわれており、資格を取得することができれば就職はほぼ誰もが職に就くことができる確率となっています。視能訓練士という職業はそれだけ現在では必要視されている職業でもあり、多くの人が資格取得を目指して勉強するのです。しかしその年収にも差がある理由は、働く場所によって変わってくるからです。視能訓練士が働く場所は眼科や総合病院または大学病院となっており、総合病院でも私立か国公立かで給与の差が出てくるのです。一番給与が高いところは、私立の大学病院といわれています。しかし、どこで働くようになるとしても、生活を安定させるほどの給与をもらうことができる職業です。視能訓練士になるためには、視能訓練士養成学校で3年学ばなければなりません。そのほか大学や短大で医療保育専門を専攻して学び、視能訓練士養成学校で1年学べば受験資格を得ることができます。そして国家資格取得のための試験に合格することができれば、眼科や総合病院などに就職して、栄えある視能訓練士として働くことができるようになります。大事な他者の目を扱う専門家となるためには、それだけ長い期間学ぶことが重要で、そのスキルを十分に獲得できたものが専門家として働くことができるようになっています。

専門学校に行く

勉強

視能訓練士になるためには、専門の学校に行く必要があります。そこで国家試験を受験するための単位を取ります。高卒の方は3年間の課程に入り、大卒や短大卒の方は1年間の課程に入ります。国家試験は難関ではなく、合格率が90%を超えている学校があります。

もっと読む

短期で合格するために

白衣の人

大切な目に機能障害を持つ人のために、機能回復訓練やサポートを行う国家資格者が視能訓練士です。そして視能訓練士になるには、専門学校で学ぶのが一般的です。視能訓練士の専門学校は社会人も多く、夜間コースがある学校なら仕事をしながら通うことができます。

もっと読む

なくてはならない人材です

目元

視能訓練士を目指して学べる専門学校は北海道から九州まで沢山あるため、医療のお仕事を目指すなら検討してみましょう。現在視能訓練士の需要は高まっており、進歩し続ける眼科医療の現場でなくてはならない人材となっています。

もっと読む