専門学校に行く

国家試験に備える

勉強

視能訓練士になるためには、専門の学校に通う必要があります。通常は医療系の学校に通います。視能訓練士だけのコースがある学校はほとんどなくて、他の医療系の資格を含めたコースにある学校を見つけて、そこに入学します。入学したら所定の単位の修得を目指し、全ての単位を取ることができたら国家試験を受験できます。視能訓練士は国が認定する資格なので民間の資格にくらべて、取得までの課程が厳密になっている特徴があります。視能訓練士は、視力の測定をしたり、目の病気がある人の援助を担当したりする仕事です。視力は人間にとって大切なものなので、慎重な対応が必要になります。そのために、この資格が作られたのです。資格を取った後は、病院で働きます。視能訓練士になるためには、2つの方法があります。一つは、大学や短大、看護学校を卒業した後に学校に行く方法です。この場合は、勉強するのは1年間です。もう一つの方法は、高校を卒業した後に医療系の専門学校に行く方法です。こちらを選択したら、勉強の期間は3年間です。この2つのどちらの方法をとっても、視能訓練士になることはできます。一番大切なことは、勉強を怠らずに国家試験に合格することです。視能訓練士の試験自体は、難関というわけではありません。合格率が、90%を超えている学校もあります。国家試験に合格したら、各地の医療機関に就職します。さまざまな眼科でで働くことが多いのですが、特に多い就職先は普通の眼科医院です。

訓練指導を学ぶ

視力検査

現在視能訓練士を目指す方は増加傾向にあり、視能訓練士の学科を持つ医療系の専門学校も人気となっています。専門学校であれば、実地に根差し専門分野を深く学ぶことができるため、視能訓練士に興味のある方は各専門学校を確認してみましょう。視能訓練士のお仕事では、弱視や斜視の方への訓練指導も行うことになります。訓練では患者さんの視力の状態を見極めた上、ピント調整を促す矯正メガネなどで視力を調整していきます。また、良好な状態の目を遮蔽具で覆い、視力が弱い方の目を重点的に訓練することもあります。そのほか、視力を補助する器具の適切な選択、また器具の使い方の指導も行っていきます。遮光眼鏡や拡大鏡、専用の読書器など患者さん一人ひとりに合わせて選択し、不自由のない生活が実現できるよう寄り添っていく業務です。専門学校では実習も実施されており、卒業までに視能訓練士としての業務をしっかり身に付けることができます。臨床実習では実際の現場で患者さんに接することになるため訓練の内容も把握できます。視能訓練を受ける患者さんの中にはお子さんも多く含まれており、患者さんへの接し方も広く学べるでしょう。そして患者さんの視力を把握するには、様々な検査項目のスキルを習得しなければなりません。医療機関で行われる検査項目は、視野、色覚、屈折など多岐にわたります。これらの内容も専門学校で学ぶことができるため幅広く技術知識を身に付けていけるでしょう。

国家資格の取得を

眼

日本では少子高齢化社会が進んでおり、今まではあまり知られていなかった職業が注目されるようになっています。視能訓練士もそんな職業の一つであり、高齢者が増えることによって視能障害を持つ人の数も増加しているために視能障害を持つ人を助ける視能訓練士の必要性も高まっているのです。老化現象だけではなく病気や怪我によって視能障害が起きてしまった人に対して視能検査を行い、矯正訓練をすることで回復するのを手助けするのが視能訓練士です。日本では視能訓練士の需要が高まっているものの、その数は圧倒的に不足しているとも言われているために最近では視能訓練士を目指す人も増えているのです。そこで気になるのが視能訓練士になる方法ですが、そのためにはまずは国家資格の取得をしなければいけません。試験は年に一回行われていますが、誰もが簡単に受験することが出来るというわけではありません。この試験を受験するためには、まずは受験資格を満たす必要があるからです。視能訓練士の試験を受験するためには、高校を卒業した後に全国にある養成所に3年間通う必要があります。この養成所で必要な知識や技術を身に付けることで、受験資格を満たすことが出来るのです。その他にも、大学や短大で看護師や保育士の勉強をした上で養成所に通うという方法もあります。この場合には養成所に通う期間は1年間となっており、どちらでも自分に合った方法で視能訓練士を目指すことが出来るようになっています。