なくてはならない人材です

需要が高まっている

目元

視能訓練士を目指して学ぶことができる専門学校は、北海道から九州まで各地に存在します。多くの方が専門学校で学べる現状にあるので、医療系のお仕事を目指すなら視能訓練士も視野に入れて考えてみましょう。視能訓練士は国家資格を必要とする職業のため専門性の高い業務に就くことができます。医療機関での視力に関する検査や患者への訓練が業務の主体となり、現在は眼科の中でもなくてはならない存在となっています。そのため医療機関からの需要は高く、視能訓練士を求めている施設が増加し続けている現状にあります。眼科を専門としている診療所や、大学病院、民間の総合病院などでも広く求められています。具体的な業務としては、専門的な訓練法を用いての患者のサポート、視力や視野、屈折、色覚など高度な検査なども行っていきます。医療技術が進んだ現在の眼科の中では特に重視される人材であり、確実な医療提供を実践するための要となる職業です。さらなる医療技術の進歩が予想される眼科において、将来にわたって活躍できる職業として各方面から注目を集めています。専門学校では様々な角度から授業が展開されており、真剣に取り組めば資格取得のほか、現場で通用するスキルを身に付けることができるでしょう。視能訓練士は充実と安定が望める職業のため、プロを目指して専門学校で学んでいくのも良い選択です。各専門学校就職サポートも充実しているので集中して学業に臨むことができます。

大事な目を治す存在です

男性

視能訓練士は、最近特に知名度が上がってきたといわれている専門的な職業の1つです。その理由は、高齢者が増えていることから目の状態を気にする人が増えたこと、パソコンやスマートフォンなど画面を集中的に見て目を酷使する人が増えてきたことがあげられます。そしてほかにも、眼科で行われている視力検査では無資格の人でも行うことができます。眼科医一人いれば十分取り組むことができていたのが、医療の進歩によって眼科医一人では手に負えない状態になってしまいました。なので、国家資格となる視能訓練士の力を要するようになってきたことから、知名度が上がってきたと考えられています。その視能訓練士はどういう職業なのかといいますと、医師の指示の下で目の検査を行うほか、目の機能を回復させるよう訓練させていく専門家となります。いわゆる、目のリハビリを行う人です。視能訓練士は国家資格となるため、最近では取得しようとする人が急増しているといわれており、資格取得に向けて勉強する人が多くいます。視能訓練士になるためには、大事な他者の目を回復させていくことを目的とするため、適切な判断を行うことができるスキルを身につけなければなりません。そのため、面倒な性格では向かず、正確に業務に取り組む集中力を持った人が向いているといわれています。コミュニケーション能力も必要となるスキルで、患者の気持ちを安心させられるように接することができるよう、良い人間関係を築いていくことも大事です。

病院で働く

男性と女性

視能訓練士の仕事の一つに、視力が低下した方のリハビリ指導があります。これは視能訓練士の仕事の柱の一つで、主に病院で行われています。糖尿病や網膜の病気などで、健全な視力を保つことができなくなる人が増えています。主にお年寄りが、病気のせいで視力が弱くなって、毎日の生活がしにくくなるので、それを改善するのが、視能訓練士視能訓練士の仕事になります。お年寄り以外にも、事故や免疫疾患などで視力を落とす人もいます。それらの人々の回復を手伝う仕事でもあります。視力が低下した方のリハビリは、まず視力の測定から始まります。正確に測定した後は、視力の改善や視力の維持の方法が決められます。それに合わせて、視能訓練士は自分の仕事をします。単立の眼科や総合病院で働くことが多いです。視能訓練士の募集が特に多いのは、単立の眼科で、そこに採用された場合は、正社員として働きます。視力のリハビリには、いろいろな機器が使われます。拡大鏡や拡大読書器などがその例です。これらの機器の使い方を指導するのも、視能訓練士の仕事の一つになります。機器にはいくつかの種類があるので、その中で患者さんに合うものを選択することもあります。視力が落ちて精神的に苦しんで人の心の支えになることも、大切な仕事です。視能訓練士になるためには、高校卒業後に専門の学校で三年間学ぶか、大学や短大卒業後に一年間専門の学校に通う必要があります。視能訓練士として知識や技術を磨きたいのであれば三年間、専門の学校に通いましょう。一方、医療に関する全般的な司式や技術を得たいのであれば、大学や短大に通うと良いでしょう。視能訓練士になるには国家資格が必要となるので、自分に合った学び方で試験合格を目指して下さい。