短期で合格するために

実習が充実した学校

白衣の人

大切な目の機能障害を持つ人のために、機能回復訓練やサポートをする国家資格者が視能訓練士です。一般的に視能訓練士になるには、専門学校で専門教育を受けるのが近道です。そして視能訓練士の専門学校へ入学するなら、短期間で国家資格を取得できる学校がおすすめです。資格試験に合格するためには効率的に勉強する必要があり、だらだらと勉強するより短期間で集中的に学ぶ方が受かりやすいのです。視能訓練士は非常に大事な仕事でありながら、世間にはあまり知られていないので資格者も足りていないのが現状です。視能訓練士の国家資格を取得すると、眼科や保健所や病院やクリニックだけでなく製薬や医療器械などの企業にも就職できるチャンスがあります。また視能訓練士の専門学校に通う生徒は、社会人も多く他の業界から転職を目指して入学してくる人も少なくないのです。さらに社会人なら夜間コースのある専門学校なら、昼間仕事を終えてから受講することもできるので便利です。今ついている仕事を辞めることなく、勉強することができるので安心です。視能訓練士の専門学校のカリキュラムは、基礎的な医学からリハビリや専門的な視能について初心者にもわかりやすく組まれています。また実習にも力を入れていて、現場に出ても戸惑うことがないように実践的な力を養うことができます。そして講師はわからない問題についても、生徒一人一人に合わせて教えてくれるので問題ないです。視能訓練士の専門学校では無料体験コースもあるので、興味があれば受けてみることです。

学びの期間は選択できる

カウンセリング

視能訓練士になるには国家資格を取得する必要がりますが、取得を目指して学ぶには各教育機関を利用するのが確実です。視能訓練士育成学科を設けている大学や専門学校は様々な地域に存在しているため、目的や状況に合わせて選択すると良いでしょう。じっくりと時間をかけて教養を身に付けたいのであれば、大学で幅広く学んでいくのもひとつの方法です。学びの期間が長いため、視能訓練士に必要とされる技術、知識のほか副次的な学問を習得することができます。衛生学や看護学を学べるところもあるので、土台となる基礎的な部分をしっかり固められるでしょう。短期的に学びたいのであれば専門学校を利用することになりますが、専門学校では1年制で展開しているところがたくさんあります。1年制を採用しているところでは、資格取得のための授業に加え、現場に対応できる人材を育てることに重点が置かれています。また、専門学校では就職サポートも積極的に行われており、卒業後の就職先も定まりやすくなっています。どちらにメリットがあり希望に合わせて選べるので将来を見据えながら考えてみましょう。大学、専門学校とも医療現場での実習が受けられるため、どちらを選ぼうとも視能訓練士の仕事を生で体験しながら学ぶことができます。専門学校の場合2年制を採用している視能訓練士学科も存在しているので、専門学校で余裕を持って学ぶことも可能です。視能訓練士になるための学びの場は様々あり、自身に適した道を選択できます。

コミュニケーション力が必要となる

勉強道具

人の目を通じて世界を見ていますが、見え方は千差万別で、一言に目が悪いといっても人によって症状は変わります。視能訓練士とは、目の働きに異常がないか、あるとしたらどのような症状が出ているのか、どのように改善するのが最適かといったことを調べる専門科です。昭和46年に視能訓練士に関する法律が制定されて、国家試験に合格した人が視能訓練士になることができます。現在の日本は障がい者に対する理解も進んでおり、視覚障がい者でも一般の人たちと同じような生活ができるような環境づくりに取り組んでいます。また、視覚矯正の技術も進んでいるため、視覚障がい者が受けられる医療行為のレパートリーも増えてきています。視覚矯正の医療を受けるためには、視能訓練士による診断が不可欠なため、視能訓練士の需要も高まっています。いい視能訓練士を増やすためには、質の高い教員が大切です。視能訓練士の教員になるためには、5年以上視能訓練士としての実績が必要になります。各学校が視能訓練士の教員を募集しているので、それに応募します。視能訓練士協会では、定期的に指導者養成講習会が開かれているので、教員としての技能を高めるために利用するのもおすすめです。人の視覚に関する知識を教えることはもちろんですが、視覚を検査する機器の扱いも教える必要があります。また、患者とのコミュニケーションが必要な職種になるので、知識や技術だけでなく人との関わり方の指南もする必要があります。